●ご使用に際して


必ずご一読、ご理解の上、正しいご使用とお手入れをされ、長くご愛用下さい。

1.日常的なご使用

荷物のサイズ、重量にはお気を付け下さい。
バッグが変型する、かぶせ部分が浮く、ベルトや金具がきちんと閉らないほど、
荷物を入れてのご使用は、破損に繋がります。

空の状態で擦れがない部分が、荷を入れた状態で擦れる場合は、
あきらかに荷の入れ過ぎです。

そのようなご使用で、短期間での破損の場合は、
当社を含め、専門店での修理もまず不可能となりますので、ご注意願います。

2.鍵の設定

カギの設定をされる時には必ず開いた状態で順番を守って行って下さい。
設定後は番号が正しくセットされているか、必ずご確認をお願いします。

お手元に届きました時点では、0 0 0(または 0 0 )に設定されております。
好みの番号へ設定ができます。
(1)バッグを開けた状態で、右の図のようにAボタンを
 内側、または矢印の方向へ押して下さい。
(2)押し続けたまま、ダイヤルを廻し、数字を合わて下さい。
(3)数字の設定が終わりましたら、Aボタンから指を放して下さい。
 **この時点で必ず番号の確認をして下さい。
  違う場合には再度同じ手順で番号を設定して下さい**

---ご注意---
設定番号が分からなくなった場合は、カギの専門店までお持ち込み願います。
Aボタンを間違った方向へ押したり、ダイヤルの数字が中途半端な位置で設定
されますと、不具合を生じる場合がございます。

3.使用の金具について

ごく普通のご使用では、当方スタッフの実績からも、
かなりの年数の使用でも破損はありません。

ただし、ビジネスユース等にて日常的に重量の負荷が過大にかかるようなご使用をされる場合には、補強をされてのご使用をオススメいたします。

スナップ式の金具につきましては、ねじれをおこすような場所につけられた場合には、反対側に力がかかりますので、スナップ自体にゆがみが生じ、スナップのとめがゆるくなることがあります。
その場合には、ベルト内側の金具(写真参考)を、ペンチなどの工具を使い、ゆっくりと外側から締めてください。
自分の好きなとめの固さに調整ができます。

過大な重量、力の負荷は、
金具だけでなく、革の損傷にもつながります
ので、
極力避けられてください。
●間違ったご使用方法でのバッグの破損につきましては、交換、修理、ご質問のご回答はできかねます。


お取り扱い商品